© ゼミ長のブログ All rights reserved.

aasdfsd
201510/16(金)

Twitterアカウントを削除する記事を客観的に読んだのち、加筆・修正をしてみた

10月2日の執筆時、記事には多分に矛盾や嘘を含ませてしまったので、大幅に加筆・修正をして自分を客観視したいと思います。

これも本当かどうかは分かりませんが。

———–

最近ずっとモヤモヤしていたことの一つに、ゼミ長というツイッターアカントの扱い方というのがあって、これはもうアカウントを作ってから今日こんな湿っぽい記事を書く心境になってしまったのは、多分必然だったんだと思います。

必然って言ってしまうと悲しいし、これまでTwitterがご縁でお会いできた方達、また、Twitter上で絡ませて頂いた方達に対してなんとなく勝手に申し訳ないような気分になるのですが、やはり「必然」という言葉が良いなと思っています。

今はもう根本の部分でゼミ長という自分に飽きているし、違和感があるし、これ以上ダラダラする事自体が、自分の毎日の生活を考える上であまり「得策」じゃないという思いが強く膨らんでいます。

これからも色々なことが起こるし、自分は顕在的にネガティブを軸にパワーを使う人間なので、大抵はそれらを苦しく感じる事の方が多いけれど、あと数年で40才になる自分を想像したとき、まだまだ魂を燃やし切った後に訪れる一瞬の快楽はつくれるかなぁと思って。

ゼミ長で居続けるのは多分「楽(らく)」なことだと思ってきた次第なのです。アフィリエイトはチートだから。チートの上に乗るゼミ長と中の人の乖離。

また何か自分が楽しめるモノ、コト、それはイコール、苦しめるモノ、コトと同義ですが、それを見つけて、そこに自分自身をぶつけていこう!…と思っています。

今は弱っているけど、やっぱりぶつけたいな、また。

逃げではない?逃げではない?…のですがきっと、なんとなく場所を変えてみたいと思ったんですよね衝動的に。物理的な場所も多分そうだし、精神的な場所もきっと。

自分は色々と物事を切り分けるのが苦手で、この1年とちょっと、沢山の方と会い、諸先輩方の貴重な意見を聞き、自分がアフィリエイターとしてどういった形で成長していけばいいか?をずっと模索してきました。

いや、正直に言うと模索したフリをしていただけで、最初から自分で答えは持っていて、ただゼミ長という人間はこんな人間なんだ、という事を他者に対して喚き散らしてきただけなんだ…と今は感じています。

結局、完全に自分が気持ち良くなれる答えは見つからなかったのですが、よくよく考えてみればそれは当然の話だと思いました。そんなもの他者がもっているワケがありません。持っていても、当時の自分には発見できませんでした。

今は、アフィリエイターゼミ長という枠で自分を出し切った感があるので、今度は自分の中のひとつの人格=カテゴリーとしてゼミ長が居るという感覚です。

つまりアフィリエイターとしての自分よりも、ブロガー寄りになってきている、とでも言うのでしょうか。ブロガーに成る成らないは別として。

これが違和感の正体の一つでしょう。

この事自体、良いとか悪いとか、そういう事ではなくて。ただ今この時においてはアフィリエイターゼミ長が自分自身を苦しめているだけで、きっとまた自分を楽しませてくれる時は来ます。

その時興味があれば続けるしでも、それはきっと無さそうです。初めから期限付きのアカウントだったんだと思います。だからこそ放てた力というものがあります。

後は…、もっと他者を頼りにしたり依存したりお酒を軽く飲んだりワイワイしたりっていう自分が欲しかったのですが、これが思いのほか自分にはハードルが高いことだったでしょうか。

というよりも、これについても、そもそもギリッギリのところで望んでなかったりするんでしょうね、きっと。何てウジウジ野郎なんでしょうね。

アフィリエイトは今後も続けるしセミナーにもいくし活動は続けるのですが、もうアフィリエイターゼミ長として、自分の魂を乗せたりブログ記事やTwitter上の呟きに起こすのは最後にしようかな…と一度本気で公に発信してみて、それで自分の本当の気持ちを確認したい、というのがあります。

また、元気になるかどうか?現時点では全く想像がつかないのですが、色々と復活?…復活っていうのが何なのか?定義できないのですが、とにかく復活するまでは、色々と容易に放たずに、貯めたり噛み締めたいというのがあります。

自分が大切にする気持ちを、自分が大切な人に伝えたいとき、ソーシャルに流す行為を安っぽいと感じ始めている自分が居ます。

『じゃあ流さなきゃいいじゃん。』

…?そんな事を言うのは誰ですか?自分ですか?あなたですか?…いや、まったくその通りですが、これはそんな単純な話じゃないんですよ、すみません。いや、単純な話なんですけどね。

しつこいようですが、これもまた自分の中の波であって、またきっと恋しくなる時が来るでしょう。その安っぽさが。安っぽくないと心から思える時が。その時はまた。それはそれで。

ただただ、今あるべき姿でしかあり得ないなぁと思います。そして自分はそれをどう受け止めているのか?どう感じているのか?どう振り返るのか?

今は分かりません。永遠に分かろうと模索したくなるんでしょうね。

魂を乗せた文章で物事を切った感覚を得ても、これが自身のオリジナルなんだよ!って公に放っても、すぐにまたどこかで再構築されるし、俯瞰されるし、新たな価値観を放り込まれるしで、コミュニティってのはいやはやなんとも面白いものですね。深い深い深かった。

きっと、どの芝生に行ってもそうなんでしょうね。

記事への反応を心のどこかで期待している事自体が、自分を安く切り売りしているみたいな感覚になってしまって。ある時までは「増やしている」と感じていたのに。一気に反転しましたTLの景色が。

Twitterは楽しすぎるし、自分にとっては同時に多分ですが悲しい場所で、だからすごく消耗してしまいました。バランスがどうしても取れなくなってきました。

リアルで沢山の人に会い過ぎたせいで、色々な人の顔や、文字ひとつとっても、言葉の抑揚を感じ過ぎてしまって、もう「所詮Twitter」じゃなくなっているのが、キツいのかなぁと思います。

キツさというのはつまり、文字が目に入る度に、感情が揺り動かされるキツさです。ネガティブな文字列も、ポジティブな文字列も。どっちもです。

ほんと、甘えといえばそれまでなのですが、ここ最近は身体に影響が出てしまって、ほとほとしんどいのです。

正論だとか極論だとか、ポジティブだとかネガティブだとか、達観しているとか子供っぽいとか、俯瞰できてるとか足元がしっかり見えてるとか、本能的とか理性的とか、頑張ろうとか少し休もうとか、器用だとか不器用だとか、正直だとか二枚舌だとか、前向きとか後ろ向きとか、ブラックハットとかホワイトハットとか、テキストとかデザインとか、そういう、ありとあらゆることに対する「見方」「見え方」「見られ方」に当てられて消耗したのではないのですね。

自分にとって消耗させられたというか脅威だったのは結局、その人その人が持っているエネルギーが、漂っている状態から、外に放たれる様、あるいは内に貯め込む様、流す様…など、あらゆる「エネルギーが取り得る形そのもの」を見てるのが「なんとなく」「おそろしく」映ってしまった事にあると思っています。

おそらく一個人が持っているエネルギーの総量にはあまり差がないのだと思いますが、その出し方や質、他者への影響という部分では差があって、それを技量とかテクニックとか、はたまた度量や器量と呼ぶかどうか?は別として、自分が感じる限り、おおよそ自分より凄いエネルギーの使い方をしている人がゴロゴロ居て。

見事に当てられちゃいましたね。

いやはやこれ以上は、言葉ではなんともし難く。まあ、これもただの個人的な妄想の話なんです。妄想じゃないけど。

程よい距離を保てるように、ちょっとづつではありますが、なっては来ました。 しかし、そのちょっとづづのスピードがもどかしくてもどかしくてもう嫌だなーって。

今アフィリエイトの事を考えると、300万までの道(っていうかそれ以上)が本当にリアルに見えた?ので、今はそこにカッチリ照準を合わせないと、色々と「気が散って」しまってうまくないなと思うようになりました。

ただもし、それだけのお金が手に入ったとして、自分は一体何をやるのか?ここが定まらないままですが、とにかく今はコレなのかなぁと、ぼんやりと思っています。

自分にとって月300万というのは本当に重い数字で、ココだけにフォーカスしないと、どうやら辿り着けない数字のようです。

日々Deamweaverを立ち上げて記事も書かずにCSSやら1pxやらの戦いをしている最中に『お。タイムラインはどうなっちょる?』という心の割き方をしていると、あっという間に1日が終わっちゃいますね。

ただ、以前より集中力は戻ってきています。

本当は、このブログは『月300万達成したどー!』つって、その達成をもって最後の記事にしようとしたのですが、もうココに、自分の承認欲求をぶつけたくないかもしれない自分が居るので、テンションが持たないかもってのも、あります。

だけど最後の搾りカスを絞っておきたいので、承認欲求?承認欲求なんでしょうねこれは。…のサイト公開していいすか?

ドスパラトラノマキ

愛着があるサイトです。

スマホ対策もうまくいって、ゼミ長の象徴でもある「しみずけいた」さんのイラストたちも上手く配置できて、とにかく色々と満足いってるんです。

報酬もこのワンサイトで月100万を超えるようになりました。自分にとってサイトは作品といった意味合いが強い?ので、色々と解説を付けるのがちょっと野暮ってのがありますから、ただただ見て欲しいです。

ということで、Twitterアカウントは今日をもって削除しようと思います。

ゼミ長の信念や考えに共感を示して頂いた方々。
ゼミ長の信念や考えに嫌悪感を示して頂いた方々。

今はもう、その信念とか考え方がどんなものだったのか?思い出すことも容易じゃないのですが、とにかく皆さんには、感謝の気持ちと同時に嫉妬心もあったりします。

という事で、ちょっと区切りを付けてみます。結構ビビってます。さて、どうなることやら。

自分の人生を生きることは、他者の人生を生きること。
自分の事なんて誰も見ていないけど、自分がそこに居れば誰かに見られる。

ある物事って円の上にあるような感じです。一度どこかに点を打ったら、その180度先が光って見えて、その光を手に入れようと辿り着いたのも束の間、光は消えていて真っ暗。辿り着いた先は闇。そしてまた光は何処かへ。

この1年とちょっと、ゼミ長というアカウントが吐き出し続けた事の中には、きっと数年後かいつか、振り返ってみたときに、自分にとってとても大切なことが沢山あったなぁと思うでしょう。思うでしょうというか、そう信じています。

ここは結構ポジティブにね。捉えるんですよね。自分は。

12月26日にAFFI ROCK – ここから始まるアフィリエイトドリームという催し物に行ってみようと思っています。

まだ自分の中のアフィリエイトドリームが、ありますからね。

楽しみですし、緊張してます!

  • はてなブックマークに追加
アフィリがとっても捗る!!マイベスト作業用BGM邦楽12選+α【しっとり冬編】アフィリがとっても捗る!!マイベスト作業用BGM邦楽12選+α【しっとり冬編】でっさん2016年に通った道について心の整理しようと思って書きました。よかったら読んで♥
ページ上部へ戻る