米国株テンバガー候補:マイニング能力を急拡大(Marathon Digital Holdings)

米国株テンバガー候補:マイニング能力を急拡大(Marathon Digital Holdings)

2021年3月5日
米国株

MARAがテンバガー(10倍株)になる理由

Marathon Digital Holdingsは、米ナスダックに上場している主にビットコインマイニングを展開している企業です。Marathon Patent Groupという名前でしたが、Marathon Digital Holdingsへ改名しました。RIOTと並んでビットコインマイニングを牽引している企業です。マイニングの報酬としてビットコインを受け取り、それが収益の柱となっているため、昨今のビットコイン上昇トレンドが続く限りは、業績の成長が見込めます。さらにMARAは、2021年2月以降から年末にかけて大幅なマイニング能力の増強を予定しています。3月時点でのIR情報では、3月末までに、1,2,920台の最新のマイニングマシンが稼働予定で、ハッシュレートは、1.4EH/sに達すると発表されていました。2月時点での保有台数は約6500台だっため、3月時点で保有台数が2倍に増えることになります。その上、4月には4800台の追加が予定されており、2021年末までには、総数103,060台、ハッシュレートはなんと10.36EH/sになると発表しています。現状マイニング能力を10倍以上に増強するとの発表です。

ハッシュレートとは、仮想通貨のマイニングの速度を表しており、この値が高いほどマイニングの報酬を得られる可能性が高くなります。

下表は、2020年5月~2021年3月のビットコインとMARAの値動きをまとめたものです。ビットコインの値動きに連動して、MARAの株価も連動して動いています。相関関数も0.97(1に近いほど両者に相関関係がある)と高い数値になっています。2020年5月には$1以下だったものが、2021年3月には$36台と、なんと約36倍以上となっており、すでに1年足らずでテンバガー達成しています。今後10倍以上のマイニング能力を誇るMARAに期待大です。テンバガーの探し方については、こちらの記事でも触れています。

MARAの業績

現状最新の決算(2020年9月期)では、マイニングによる売り上げが前年同期比で、約2.6倍となっており順調に成長していることが分かります。また、2019年12月と比べて仮想通貨保有額は、約396倍となっています。推測に過ぎませんが、2019年12月時点では、マイニングで得たビットコインをほとんど売らないと経営できない状況だったものが、ビットコインの高騰も追い風となって手元に残す余裕が出てきたということではないかと考えられます。とはいえ、この時点でもEPSは-0.06とマイナスになっています。しかし、これからさらにマイニング能力が急拡大していくので、個人的には今後の成長にかなりの期待をよせています。2020年12月期の決算が出たらさらに分析してみたいと思います。

2020年9月2019年9月
売上(仮想通貨マイニング)$835,184$321,716
マイニングによる売り上げ
2020年9月2019年12月
仮想通貨保有$451,889$1,141
仮想通貨保有額(貸借対照表)