米国株テンバガー候補:持たざる経営で急成長(ZIM Integrated Shipping Services Ltd.)

米国株テンバガー候補:持たざる経営で急成長(ZIM Integrated Shipping Services Ltd.)

2022年1月4日
米国株テンバガー候補

ZIMとは?

ZIM Integrated Shipping Services Ltd.(ティッカー:ZIM)は、米ニューヨークに上場しているコンテナ船輸送を中心とするイスラエルの海運企業です。創業は1945年と古いですが、2021年にIPOしました。海運会社はコンテナ船の運賃高騰を背景に、利益が急拡大しているということも業界全体としてありますが、ZIMはなるべく自前の船を持たず、短期・長期で借りた船を運用することを中心としており、持たざる経営で高利益体質となっています。

ZIMの業績(2021年9月期更新)

最新四半期で自己資本率40%を超え、IPO以来3四半期連続で売上は平均32%の伸び、営業利益は平均61%の伸び、EPSも平均52%の伸びと急成長を遂げています。最新四半期の営業利益率は59%と非常に高い水準にあります。高い利益を確保できるビジネスモデルを確立しているといえるのではないでしょうか。

高い利益率のおかげで、下図のように株主資本も順調に積みあがっています。

高い利益率の背景には、持たざる経営があります。同社は基本的には自社保有の船をなるべく少なく持つようにしており、資産を圧縮しています。その代わり変動する需要に対応すべく、短期で船を借りて運用するという手法を採ってきました。しかし最近は短期だけではなく、戦略的に15隻のLNG船を長期で借りたり、8隻の中古のコンテナ船を購入したことを発表しました。積極的に投資も行っていることが伺える一方で、中古船を購入するなど、なるべく効率的に経営しようというスタンスが読み取れます。今後の活躍に期待です。